スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルパインのナビ & ステアリングスイッチアダプタ

アルパインのナビで、当方のステアリングスイッチアダプタを使う場合の追加情報です。

今まで操作出来るのは音量+-、TRACK+-、ソース切替の5種類だと思っていましたが、
ソース切替の長押しでミュートが出来ます!

ミュートのOFFはもう一度ソース切替を長押しするか、音量を操作でOFFになるそうです。
EX1000にて確認済みです。


最近アルパインからも純正のアダプタがでましたし、スイッチで切り替える簡易的な物も出てきましたね。

当方のアダプタのメリットは

・SEEK+-が左右に割り当てられている(自分は左右のほうが分かりやすいです。配置は変更できます)
・8操作に対応している(ナビ側の対応が必要です)
・マイナスコントロールスイッチ(サンキューハザードや純正カメラの切替えが手元で操作出来る)
・ナビと液晶の操作切替えを手元でできる(外付けのスイッチ不要のためスイッチ穴を開けなくて済みます)

あたりでしょうか。

使い勝手や欲しい機能などを比べて選んでいただければと思います^^
スポンサーサイト

コメント

No title
以前ステリモ購入し快適に使わせてもらっています。
長押しミュートは知りませんでした。
やってみてできたのでうれしかった!
この長押しミュートの配置も変更できるのでしょうか?
Re: No title
快適に使ってもらえていて何よりです^^
ミュートはアルパインの純正で出来ていたので分かりました。

ソース切替の長押しをナビが認識したときにミュートになるので、ソース切替の場所を変えれば
キーは変わりますが、そういうことではないですよね?

アルパインと同じように出来ないか考えてみますね。
返信ありがとうございます。
おっしゃる通りで、長押しではなくボタンを押せばミュートにできればよりうれしいかなぁと思いました。
できるようならまた教えてください。よろしくお願いします。
Re: タイトルなし
そういうことですよね。
さっそくプログラムを変更してTOPボタンのクリックでミュート(ソースの長押しを再現)出来るようにしました。

ユニットを預かってプログラムを更新すれば出来ますので、試されたい場合は名前、メアドを非表示でコメントしてください。メールで連絡します。



管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。