スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルパインのナビについて

アルパインのナビでZRR80のステアリングスイッチを使いたい場合の情報です。

BIGX プレミアムEX1000、EX900、EX800
BIGXX900,X800
7型700W,700D

2015年発売のEX10はメーカー純正のステアリングスイッチアダプタが付属します。 詳しくはこちら

アルパインのナビをステアリングスイッチで操作するためには2種類の方法があります。

・ナビとステアリングスイッチを直結
・赤外線リモコンを使って操作(リアビジョン要)

当方で作っているユニットは直結用のステアリングスイッチアダプタ
赤外線リモコンで操作する学習リモコンタイプの2種類があります。

・ステアリングスイッチとナビを直接繋ぐ場合

ステアリングスイッチアダプタを使用します。

リアビジョンが無く、ナビ単体で使用する場合はこちらを選択してください。

ナビに付属のケーブルまたはオプションのケーブルを使ってナビとステアリングスイッチを繋ぎます。
この状態ですと音量+-のみが使えるようになります。

そこでステアリングスイッチアダプタをナビとスイッチ間に挟むことによって、TRACK等の操作も出来るようになります。
ナビ→ステアリングスイッチアダプタ→ステアリングスイッチのようになります。

操作は音量+-、TRACK+-、ソース切替の5種類です。
ナビ側で機能割り当ての変更は出来ません。


・リモコンで操作する場合

学習リモコンタイプを使って操作します。

アルパイン製のリアビジョンがあり、リアビジョンリンクケーブルで繋がっている必要があります。
ナビ本体には赤外線リモコンの受信部がないため、ナビ単体では使用出来ません。


リアビジョンのリモコン受信部でリモコン信号を受信してナビを操作する仕様になっています。

左側のステアリングスイッチ9個すべてをナビ操作に割り当てられます。
MOP用のスイッチに交換すると12個に増えます。

学習リモコンに初めから内蔵しているリモコンコードで操作できます。
機能の割り当てを変更したり、内蔵されていない機能を使用したい場合は、リアビジョンリンクリモコンを用意すれば可能です。

説明書のリモコン操作(P152)を見てもらうとリアビジョン経由でのナビ操作について載っていますが、
ダブルゾーン設定でナビとリアビジョンが別々のソースの表示になっていると、ナビ操作が制限されるようなことが書いてあります。

リアビジョンの電源はONの必要がありますが、画面は閉じていてもナビを操作できます。


どちらがおすすめ?

リアビジョンがあれば、操作数が多い学習リモコンタイプの方をお勧めします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。