FC2ブログ

2015年02月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新_楽ナビ(RL09/RW09/RZ09シリーズ)について

2014年の秋に発売された楽ナビについてです。

AVIC-RL09/RW09/RZ09/RZ07/RZ06/RZ05/RW03/RZ03
上記のナビからステアリングスイッチの学習機能が搭載されました。

今までカロッツエリアのナビとステアリングスイッチを直結した場合は、音量+-、TRACK+-、ソース切替の
5操作しか出来ないと思っていましたが、ストラーダやケンウッドのナビと同じく学習タイプに切り替ったようです。

純正ステアリングリモコン 適合情報

こちらの楽ナビ 2014モデルを見ると、トヨタ車の対応車種の一番下に

『※学習機能で、「MODE」「ボリュームアップ」「ボリュームダウン」「トラックアップ」「トラックダウン」「ON HOOK」「OFF HOOK」「VOICE」の最大8つのボタンに機能を設定できます。』

と書いてあります。

スイッチ割り当て当方のステアリングスイッチアダプタはトヨタ車のステアリングスイッチ8個の信号を再現していますので、左の写真の赤字の全てのスイッチに機能を割り当てることが出来ます。

AVIC-RW09 + メーカー純正ケーブル(KJ-Y101SC) +ステアリングスイッチアダプタ

で、動作確認済みです。

割り当てられる機能は下記が割り当てられます(説明書263Pより)
・ソース ・音量+ - ・TRACK+ - ・アッテネーター
・通話開始/終了 ・広域/詳細 ・カスタム

※ステアリングスイッチアダプタは標準タイプ(カロッツエリア用ではない)を選択してください。

オプションで提供しているカロッツエリア用のケーブル加工をすれば、純正ケーブルを別途購入しなくても直結できると思いますが、こちらはこれからテストします。


これで新型楽ナビは

・ナビとステアリングスイッチを直結 → ステアリングスイッチアダプタ
・赤外線リモコンを使って操作(スマートコマンダーの信号を学習) → 学習リモコン

の2種類でナビを操作出来ることになります。

どちらを選ぶかですが、ステアリングスイッチの学習機能でして出来ないこと(ハンズフリー系)、
スマートコマンダーでないと出来ないこと(現在地など)があるので、必要な操作が出来る方を選んでください。

2014年以前の楽ナビ、サイバーナビでKK-T202ST(アダプタタイプ)が必要なものはカロッツエリア用ののステアリングスイッチアダプタ+ケーブルの加工がお勧めです。KK-T202STを別途購入せずに使えます。
学習機能はありません。操作は音量+-、TRACK+-、ソース切替になります。スイッチの長押しでアーティスト切替え等有り。

KJ-Y101SC(ケーブル)を使用するナビには標準タイプのステアリングスイッチアダプタをお勧めします。

ナビとステアリングステアリングスイッチを繋ぐために必要なものはこちらで確認してください。

カロッツエリアのナビについては選択肢が複雑になってきていますので、分からない場合はコメント欄で質問してください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。